オルニチン 二日酔い 効果

オルニチンの二日酔いへの効果は?

二日酔い

 

何故しじみが二日酔いに効くのか?

 

昔から「二日酔いにはしじみ汁が効く」と言われていますが、
これはしじみにオルニチンという成分が含まれているからです。

 

オルニチンはアミノ酸の一種ですが、アルコール分解で生じたアンモニアの排出を促す効果があります。

 

そもそも二日酔いの症状は吐き気や頭痛、倦怠感など人によって様々ですが、
その原因はアルコール分解によって生じたアンモニアの作用によります。

 

アルコールを多く摂取すると体内でのアンモニアの量が増加します。
するとそのアンモニアが脳や骨格筋に作用し、倦怠感や吐き気などを伴うようになるのです。

 

しかし、オルニチンにはこのアンモニアの除去を早め、睡眠の質を高める効果があります。
そのため、二日酔いの症状を軽減・改善する効果があるのです。

 

さらにオルニチンにはアルコール分解を行う肝臓機能を保護する効果もあります。

 

飲み過ぎは肝臓に負担をかけ、肝臓機能を低下させ、肝硬変や肝臓障害を引き起こす場合があります。

 

しかし、オルニチンにはこのようなアルコールによる肝臓機能の低下を防ぐ作用があります。
そのため、加齢による肝機能の低下で二日酔いになりやすくなったという方にもオルニチンは有効なのです。

 

 

オルニチンを多く含んでいる食品

 

そして食品の中でこの栄養素を多く含んでいるのがしじみです。
そのため二日酔いにしじみ汁が良いと言われているのです。

 

この他にもゴマやカシューナッツ、肉類・魚類にも含まれていますが、
効果的に摂取するならサプリメントがおすすめです。

 

サプリメントの情報ならココ⇒http://xn--kckwa9a0bxd3fc0ez096bzw0b.biz/