オルニチン 血糖値

オルニチンって血糖値に良好な効果あり?

糖尿病

 

肝臓の働きを良くして血糖値が改善!?

 

オルニチンには肝臓の働きを良くする効果がありますし、摂取することで血糖値を改善することもできます。

 

これは血液中のブドウ糖が変換されることでエネルギー源として肝臓に貯蔵されやすくなるためであり、
血糖値を下げることができるという仕組みです。

 

肝臓にはさまざまな働きがありますが、まずはエネルギーを貯蔵する役割がよく知られています。

 

食事から摂取した糖質は消化器官で消化されることになりますが、
ブドウ糖などのグルコースに分解されてから小腸から吸収されて肝臓に入っていくということです。

 

肝臓に入ったグルコースのほとんどはグリコーゲンとして貯えられることになり、残りが血液中に放出されるということです。

 

しかし、肝臓の中性脂肪が増えてしまうと食事で摂った脂肪や糖を蓄えることができなくなってしまうため、
糖が血液中にたくさん出てしまうことになります。

 

それによって血糖値が高くなってしまうのですが、血糖値が高くなるとインスリンが過剰に分泌されてしまいますし、
体の機能が低下して症状が悪化してしまうのです。

 

 

血糖値が気になる方は積極的に摂取しよう!

 

糖尿病は完治が難しい病気とされており、心臓疾患などさまざまな合併症を引き起こす可能性が高いです。

 

血糖値が高い場合や糖尿病で悩んでいる場合、オルニチンのサプリメントを利用すると良いでしょう。
オルニチンはもともと体内に存在しているアミノ酸の一種であり、糖分の代謝を促進してくれるのです。

 

血糖値が気にななっている人や糖尿病を予防したい場合はオルニチンを積極的に摂取することが大切です。